• ホーム
  • EXEMODE
  • YASHICA
  • AGFA PHOTO
  • サポート情報
  • OEM/ODM/EMS
  • 会社情報
  • 会社情報
  • 会社概要
お問い合わせ
exemode製品のご購入は
こちらからどうぞ
exemode e-shop exemode アウトレット
プレスリリース

2010年4月19日

報道関係各位

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット・エグゼモード事業部

まずはデジタルカメラから販売、6月にはServersMan miniバンドルカムコーダーも
「 韓国でYASHICA(ヤシカ)ブランドの使用権取得及び販売開始のお知らせ」

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット・エグゼモード事業部(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤岡淳一、以下エグゼモード)は、4月19日、韓国でのYASHICAブランドの使用権を取得したと発表いたしました。

エグゼモードは2008年9月より、YASHICAブランドライセンスを保有しているJNCデイタム・テック・インターナショナル社(JNC Datum Tech. International Ltd. 本社:香港銅鑼灣、代表:Clifford Wong)より日本での独占的使用権を認められていました。これに加え2010年4月より韓国でも使用権を得ることとなりました。

第一弾として4月より1,000万画素デジタルカメラ「YASHICA EZ Digital F1027L」を販売開始し、6月以降にはYASHICAブランドでのカムコーダー等の販売も予定するなど、今後もラインナップを順次追加していく予定です。

エグゼモードは今まで日本やアジア諸国での製品を供給しておりましたが、今回の韓国での販売開始によって、初の韓国進出を果たすこととなります。現時点で、韓国国内でのYASHICAブランド製品の販売代理店契約を結んでいるのは、約880店舗の販売ルートを持つK’WONインターナショナル社(K'WON International Co., Ltd. 本社:ソウル市城東区、代表: Kwangwon Lee、以下K’WON) です。

また、6月以降販売予定のYASHICAブランドのカムコーダーには、パソコンに接続するだけでデータをインターネットに公開できる「ServersMan mini」ソフトウェア付属の専用の2GB SDカードをバンドルすることも予定しています。

「ServersMan mini」は、デジタル家電をインターネットから直接アクセス可能な"True" Cloud Storageに変身させるソフトウェアです。インターネットにつながったパソコンに接続することで、カムコーダーに挿入したServersMan miniのSDカード内のデータに対して、特定のURLから直接アクセスが可能となり、遠隔地からでも撮影した動画・画像等のデータを簡単に共有することができます。カムコーダー自体をストレージとして利用できるため、メールで重いデータを送ったり、外部のストレージサービスを利用したりする必要もありません。そのほか、ServersMan miniの機能を使って、YouTube、Flickrといった動画/画像共有サイトにアップロードすることもできます。

現在、エグゼモードでは日本国内で販売している「YASHICA DCC577」、「YASHICA ADV-1025HD」などのカムコーダーのほか、スキャナーにも「ServersMan mini」を添付し、デジタル家電をネットワーク家電として進化させる取り組みを進めております。今回の韓国進出を足掛かりに、次世代型ネットワーク家電の海外展開にも積極的に取り組んでいく予定です。


▲TOPへ